便秘の際の水分の摂取量や取り方はどうしたらいい?

人間にとって毎日排便が無く、便秘になることほど苦しいことはありません。

 

排便が何日も見られないと次第に下腹部が重く、痛みを伴うようになります。

 

無理にでも排便しようと力むと今度は痔ろうなどになり、ますます苦しい状況になるのです。

 

便秘の一つの原因として考えられるのが、水分の摂取量が極端に少ないことが考えられます。

 

水分の摂取量が少ないと、腸の中の便が乾燥して固くなり、スムーズな排便が見られなくなってしまうのです。

 

そのため便秘を解消したければ水分の取り方や摂取量を注意しなければいけません。

 

取り方はやはり食事の際に、水分を頻繁に取りながら食事をいただくことです。

 

そうすることによって食材自体も水を含み、柔らかい便になることが期待出来ます。

 

また取り方は食事の際だけでなく、一日の内何度もとるように心がけると良いでしょう。

 

本来なら1リットルから2リットル程度摂取した方が良いとさえています。

 

また摂取する水にも工夫を凝らすと、なお一層便が柔らかくなることが期待できるのです。

 

日本は軟水の水道水ですが、あえて市販されている硬水を飲むように心がけるのです。

 

硬度が高ければ高い程、排便を促すことが期待できると言われているのです。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶