便秘の時のお茶には緑茶でも効果があるの?

便秘解消に緑茶は効くのでしょうか。現在、便秘に良いお茶というとプーアル茶やごぼう茶などが注目されています。

 

では、普通の緑茶には便秘に効果がないのか、というと、そんなことはありません。

 

緑茶にカテキンという成分が含まれている事は一般的に知られていますが、このカテキンの殺菌作用は腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果があるからです。

 

善玉菌が増えれば、自然と腸の蠕動運動が活発になり、排便がしやすくなります。

 

それに固い便だと詰まってしまいがちですが、水分で柔らかくしておけば、排便がしやすくなります。

 

また、緑茶は脂肪燃焼効果があるのでダイエットにもおすすめの飲み物です。

 

特に温かいお茶は発汗を促しますので、ダイエット効果を上げるなら温かくして飲むことがおすすめです。

 

緑茶は抗菌作用が高いのでダイエットだけでなく、風邪などの予防にも効果的なとっても嬉しい飲み物です!

 

ただし、注意しなければいけないのは、緑茶に含まれている成分はカテキンだけではないことです。

 

カテキンが酸化して変質したタンニンという成分は、タンパク質を固める作用があるので便が固くなりますし、一般的なお茶に含まれるカフェインも利尿作用で腸内の水分を奪ってしまいます。

 

適度な量にしなければ、便秘解消をするどころか、便秘を助長させることがありますので注意してくださいね。

 

そして、飲むときには、カフェインの量を抑えるためにも、お茶の濃度はあまり濃くしないよう気をつけましょう。

 

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

モリモリスリムの口コミと効果